//******以下Google Analitics トラッキングコード***** //******ここまで*****

水素水には大きく分けて以下の3つの作り方があります。


一つ目は水素ガスを水の中でバブリングさせることでに直接水の中に溶かす方法です。この方法は生成時に高い圧力をかけるので高濃度の水素水が作れますし、水の成分が変化しないので水本来の味を保つことができます。この方法には特にデメリットはありません。


二つ目は水の中にマグネシウムを入れ、水とマグネシウムの化学反応によって発生した水素を水に溶かすという方法です。この方法のメリットは安価に作れることですが、生成に時間がかかるというデメリットもあります。この方法だと一定以上の濃度の水素水を作るのに8時間以上もの時間が必要になるので高濃度水素水の生成には不向きです。


三つ目は水の中に電極を入れて水を電気分解し、発生した水素を水に溶かすという方法です。この方法もマグネシウムを使う方法と同様に安価に作れるというメリットと作るのに時間がかかるというデメリットがあります。

生成にかかる時間はマグネシウムを使う方法よりは短いですが30分から1時間程度はかかります。また、水を電気分解するとアルカリ性になるので高濃度の水素水を作ろうとすると強アルカリ水になってしまいます。強アルカリ水は飲用には適さないのでこの方法だと低濃度の水素水しか作ることができません。


以上のことから現在は水素ガスを直接水の中に溶かす方法が主流になっています。また、この方法で水素水を自作できる家庭用の生成キッドも市販されており、このキッドを使えば最短10分程度で簡単に水素水を自作することができます。

© 2016 水素水の効果について rss